×

CATEGORY

HOME»  メイコウフーズのこだわり

メイコウフーズのこだわり

無添加辛子明太子 素材へのこだわり

原料のこだわり

原料のこだわり

厳選されたすけそう鱈の成熟卵を使用。
すけそう鱈は、鱈科の硬骨魚で全長約60センチメートル。オホーツク海、ベーリング海に多く分布しています。身は、かまぼこの原料として使われます。明太子の原料の卵巣は、ビタミンAD、ビタミンB群も多く含んでいます。また、明太子は栄養満点のうえ脂肪分が少なく低カロリーです。

塩のこだわり

塩のこだわり
塩のこだわり
天外天塩採掘風景(ジランタイ)

天外天塩は、内モンゴル自治区吉蘭泰(ジランタイ)の湖塩から生まれた天然塩です。この地は古い文献に「河流伏脈として陰潜の項がある」と書かれた場所、ヒマラヤ山系の伏流水が大平原の岩塩の地層に湧き出し、汚染とは全く無縁の塩の湖を一億数千年もかけて生成しています。誇り高きモンゴルの民が命の塩と呼び代々大切にしてきた塩が、この天外天塩です。

味のこだわり

味のこだわり

昆布

昆布は北海道日高産の天然昆布と、鹿児島枕崎産のかつお節を使いました。昆布のうまみ成分である「グルタミン酸」と、かつお節のうまみ成分の「イノシン酸」は、それぞれ単独で使うよりも、一緒に使ったときの方がより一層おいしく感じられます。

味のこだわり

ゆず

大分県産のゆずを使用しました。
ゆずは、ミカン科ミカン属。ミカン類の中では最も寒さに強く、東北地方でも栽培が可能です。実をつけるのに約15年もかかりますが、そのかわり寿命が長く病気にも強い木です。
夏になると緑色のゆずが出回ります。晩秋になると緑色から黄色く色ずいてきます。昔から冬至にゆず湯に入る習慣があります。疲労回復と神経痛に効果があるそうです。ゆずの香りが心を癒してくれますね。ゆずこしょうは、ゆずの皮と唐辛子をすりおろし、塩を混ぜ合わせたものです。
どんな料理でもゆずの香りをつけるだけで上品で洗練された感じに仕上がります。そういう意味では日本料理の魔法の香辛料です。

食品添加物を全く使用しないで作り上げた明太子。通常の明太子に比べると、色は少し黒くなりますし味も少し物足らないかもしれませんが、素材の持ったそれぞれの味が、職人の手によって組み合わされ、自然のこくと旨みを引き出しています。この機会にぜひ、無添加辛子明太子をご賞味ください。

原材料

すけそうだらの卵
食塩(天日塩)
本みりん
還元水飴
昆布エキス
純米酒(蔵の素)
唐辛子
かつおだし

明太子作りで重要な素材は、お酒とみりんです。メイコウフーズでは大木代吉本店の純米酒(蔵の素)と、角谷文治郎商店の三州三河みりんを使用しています。

味のこだわり
味のこだわり
味のこだわり

酒造元 大木代吉本店

大木代吉本店は福島県の南部、矢吹町にあります。1865年創業で現在4代目。お酒は戦後、原料の米を減らし、足りない分を醸造アルコールと糖類などを添加した酒が主流となっています。大木代吉本店はいいお酒が作りたいと1974年に有機米を原料とし淡麗辛口の純米酒を作りました。それと平行して「濃厚で美味しいお酒を」と作られたのがこの「蔵の素」です。通常の清酒に比べ2~3倍多くアミノ酸などの旨味成分が含まれています。

味のこだわり
味のこだわり
味のこだわり

酒造元 角谷文治郎商店

角谷文治郎商店は、愛知県南部の三河地方にあり明治43年創業。以来三代にわたり本場仕込の中に受け継がれ、歴史に磨かれた技と味を大切に、みりん醸造一筋に専念してきました。みりんの原料はもち米、米こうじ、本格焼酎だけ。醸造用アルコール、甘味料等は一切使用していません。蒸したもち米と、米こうじと、43度の高濃度米焼酎を一緒にして大桶に仕込んでから、1年以上じっくりと時間をかけて、3つの異なった原料が調和のとれた自然の味に融合するのを待ちます。純天然醸造ならではの円やかなコク、上品な甘さは、ここから生まれます。

CONTENTS

CATEGORY